« 朝寝。。。 | トップページ | 頂き物~♪ »

サチコ姉さん永眠しました。。。

9月6日に日付が変わった12時30分頃に猫のサチコが永眠しました。

2008090601

御歳19歳。病気でと言うワケじゃなく老衰でした。
最後はなゆ父と私で看取りました。
娘達は文化祭や体育祭の練習で疲れて寝てしまったので立ち会えませんでした。

普段の夜と同じようにリビングで私となゆ父、そしてナユハヤといる状態で
最後に何度か大きく息を吸って…呼吸が止まりました。


私が仕事から帰った時にはもう起きあがることは出来ない状態で
吐瀉物と失禁で半身はびしょ濡れ。
未明まで2Fで寝ていて1Fに自分で降りてきてトイレも行ってたし、
ご飯台にも登っていたのに。。。

呆然としても何も変わらないので出来るコトをしなきゃ!と
リンスをお湯で薄めて拭いて(ニオイも凄かったので)
そのままにするわけにいかず、ドライヤーでしっかり乾かして
夏場なので撤去してあったサチコのベッドを用意して寝かせた時には
もう寝返りも打てない状態。。。しばらくしたら体温も低下。
慌ててフリースの膝掛けをかけて、ベッドの下にはペット用のホットカーペットを強で。
ダメ元でスポイトでお水を飲ませたら飲んだので
その後は1時間ごとに濃く溶いたヤギミルクを無理矢理流し込みました。
数回失禁したけどベッドの中で向きを変えられるようになってちょっと一安心。

リンス湯で拭いている最中に下の娘が帰宅して
補助というかナユハヤをブロックしてくれたので動きやすかった!
ナユハヤ、私のストーカーだからバタバタしていると付いて回って大変なのです。
ドライヤー掛けていると自分やって欲しいアピール。
でも今日ばかりはそんなこと出来ないので私の横で待機してました。

1度目のヤギミルク投与の時に上の娘も帰宅。

2人揃ったので任せて、ナユハヤの散歩。
帰宅してちょっと改善?身体の向きがこの時に変わっていたの。
でも体温はまだ低め。
2008090504
娘達に不謹慎だって怒られながら撮った生前最後の写真。。。
自分でベッドのヘリに頭を乗せたの。

その後、徐々に体温が上がってきて何とか、なゆ父の帰宅まで頑張ってくれた。
なゆ父も普段より早めに帰宅したので高カロリーミルクを買ってきて
飲ませたけど…その後嘔吐。

それでも時々動いたりしていたのでホッとしてなゆ父もPC立ち上げたり
私もミシンをかけたりPCに向かっていたりしていたら息が荒い。。。
普段の通りの生活で安心したのかその後30分ちょっとで息を引き取りました。

仕事から帰宅した時、リビングの引き戸を開け放ってあった
敷居から玄関を見ていたみたいですぐに顔が見えたの。
まるで待っていたよって感じ。
身体を拭いた時に鳴いたのが最後だから声を聞いたのは私だけかも。

みんなが帰って来るまで逝かないで!と必死でした。
泣いてる場合じゃない!今出来ることすべてやる!
それだけで動いてました。

ナユハヤ…とくにハヤテが元気がなかったので
散歩でおやつ使って脚即の練習したりして誉め誉めで
テンション上げて気分転換してから帰宅したけど
やっぱり元気がなかったわ。
ナユタは新しいおもちゃで誤魔化されたのに。。。

2008090501
お散歩で見た空も曇り空。

2008090502
やっとにこやかに笑ってくれたので安心。
ナユハヤ、特にハヤテは自分も~!ってアピールをしないで
じっと我慢していたもんね。


仕事から帰った時にもうダメかもって思う状態だったのに
その後12時間もよく頑張ってくれたなと思います。

なゆ父と入籍した頃?もしかしてその前?に拾ってきた仔猫。
あれから19年です。
いろいろ事情があって19年間ずっと一緒ではなかったけど
別々に暮らしていた時は私の実家にいたの。
今の家に住むようになってからはずっと一緒。
実家から引き取った1年後にはナユタが来てニャンコパンチで教育。
その後、ハヤテが来て下克上を狙うハヤテと戦っていたこともあったわ。
ハヤテ、しつこいから決着がつかないままだったけど。。。
それでも我が家のケモノ達の上に君臨していたのよ。

目指せ!20歳だったけど…夏を越えるのは毎年ドキドキ。
毎年膀胱炎になって血尿だったもんね。
特に今年は酷かったし。
そのことを考えてもよく今まで頑張ってくれたのよね。

玄関を見ながら待っていた姿を思うともう猫は飼わないと思う。
小さい犬もイヤ。
身体が小さすぎて心臓マッサージも出来ない。。。
人工呼吸も怖い。。。
今回はなゆ父に止められたけどね。
もう無理だから苦しいのを長引かせるなって。

眠るように逝ったって言うのかもしれないけど…もっと悪あがきしたかった。
もう一度息をするかも…って思ったけど無理だった。。。

無理矢理に飲ませた高カロリーミルクを吐いたのでそれをキレイにしてあげて
24時間営業のスーパーにお花を買いに行って最後のお別れをしました。

2008090602
心なしかナユタも元気ないかも。。。

2008090603
ハヤテに至っては離れて見ているだけ。。。

リビングに安置していたので私となゆ父とナユハヤで一緒に仮眠。
私は眠れずにミクシィの日記だけ更新。。。
その間に上の娘も目が覚めたみたいで最後のお別れしてました。
朝になって下の娘も最後のお別れをして
なゆ父と私で市のペット火葬場で火葬してもらいに行きました。
先代犬の時はゴミ処理施設の中で余熱を使っていたのに今は別になって
人間の火葬場がちょっと小さくなった感じになってました。
火葬が終わるのを待っている為にエアコン付きの待合室もありました。
今日はとっても暑かったのでエアコンは有り難かった。。。

帰りにサチコさんを拾った大○和緑地まで足を伸ばして
拾った時のようにアイスも食べてみたり。。。
(サチコさん、アイスのフタに釣られて寄ってきたので拾って帰ったの。)
拾ってきた仔猫の名前は当時流行っていた「やっぱり猫が好き」のドラマから。
そのドラマにサチコって猫が出ていたのよね~。

私、ゴ○○リが怖いからサチコさんにはとっても助けられたの。
くわえたまま「ほらっ」って見せられた時は気絶しそうだったけど。(泣)
結婚した年が若かったのでみんなのたまり場のようによくお友達が遊びに来て
臭い靴があるとチェックしておえ~ってな顔をしてみたり
お土産で頂いたケーキを目を離したすきに箱を開けて全部味見してあったり…
カーテンレールを歩いてて落ちたり、家具の上で寝返りしたら落ちたとか
本当にいろいろエピソードがてんこ盛りです。

結婚してすぐに子供が出来たわけじゃないので長女のような存在でした。
子供が出来なくて不妊治療してやっと上の娘が生まれて
私の両親・妹と同居して…上手くいかずに別居して…また戻って
やっぱり上手くいかなくて別々に家をかまえてサチコさんも戻ってきて…
私達の手元に戻ってきた時のサチコさんは年を感じるほどに弱っていたの。
その後ナユタを迎えたら見違えるほど元気になって
ナユタに猫パンチで1つで上に君臨。

寝ているナユタをニャーの一言で起こして場所を空けさせるほどの女王様ぶり。
ナユタの名前はサチコが弱っていたこともあって長生きしそうな名前になったのよ。
(普段カタカナで書いてますが本来は那由他。)

その後に来たハヤテはめげない・あきらめないヤツだったので
よいライバル関係でした。
(ついでに疾風の由来はナユタに走り負けないように。)

ワンコ友達がワンコ連れで来ても全然平気。
余裕で目の前で寝ちゃったりするほどでした。

今年は暑かったのでご飯を食べなくなったり
酷い血尿でポタポタ垂らして歩くほどだったので体力的にはきつかったのかも。。。
ちょうど霧ヶ峰のキャンプ前に血尿だったので
残して出掛けるのは不安だったんだけど
上の娘が行かない…と言ったので一泊だし、サチコさんのコトもあるので
家に残して出掛けたのでした。
だから今年はひとりで留守番ということもなく
必ず誰か一緒…またはナユハヤと留守番だったから寂しくなかったかな?

お歳だし…と覚悟はしているつもりだったけどやっぱりショック。
でも最後にみんなにちゃんとお別れするために頑張ってくれてありがとう。

ここ数日ご飯も殆ど食べてなかったのに頑張ったよね。
ホントにありがとう。ゆっくり休んでね。
ご飯もおやつも入れるからちゃっと食べてね。
いっぱいいっぱい思い出をありがとう。。。

2004_09_27

ミクシィに載せた日記(泣きながら書いた文章)に追加しました。
一晩経って、お骨になってしまったので気持ちも落ち着いてきました。
寂しい気持ちでいっぱいだけど…先代犬のジョンと一緒に
これから見守って欲しいな。。。

|

« 朝寝。。。 | トップページ | 頂き物~♪ »

コメント

サチ子さん、幸せだったね。
私はちょっぴり猫が苦手だったのだけど、サチ子さんはお会いする前からなんでだか親しみがあった。
だから会えた時はすっごく嬉しかったんの。
物静かで、そして何でも知っている顔していて・・・
苦手とは思えないほどかわいかったよ。
犬猫のためならえんやこやぁ~のママと心優しいパパのおうちだったから19歳という長い猫生だったんだね。
ゆっくり休んでね。
あちらの世界には強くて優しい姉ちゃんがいるから安心してね。
私からもありがとう、サチ子さん。

投稿: tae | 2008年9月 7日 (日) 19時45分

私は看護師をしていたので、何度も人の死には立ち会ったことがあるのですが、死にはいろんな形があるけれど、残された家族が納得できる死、それが死んでいく者にとっても、残された者にとっても一番だと感じていました。
19年生きたサチコさん。本当に苦しかったのは最後の一日で、家族もその間精一杯の看護が出来て、家族で看取ることができて、サチコさんにとっても、家族にとっても最高の臨終を迎えられたんじゃないでしょうか?
お別れする時間をくれたんですね。
サチコさん、漢字で書くと幸子さんかな?本当に幸せな一生だったんじゃないでしょうか?
生前最後の写真・・・ホント幸せそうに見えます。

投稿: ポン母 | 2008年9月 7日 (日) 22時12分

サチコ姐さん、大往生だったと思います。でも家族はどんなことしてもいいからもっと長生きして欲しかったよね・・・・・

我が家も前の猫を亡くした時は、安楽死だったから、とても辛かったです。まだ13歳だったし。
獣医さんに言われた事があります。ペットとのお別れで一番まずいのは、事故死です・・・・・と。
サチコ姐さん、ワンズ達の上に君臨して、最後にナユママさんにちゃんとお世話させて、逝った・・・・って素晴らしい最後かなって思っちゃいました。

サチコさんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: まなまな | 2008年9月 7日 (日) 23時30分

私も長い間実家で猫を飼っていましたが
看取ったとことは1度もありません。
猫って死ぬ時自分からいなくなるって言うんですよね。
うちの猫もフラフラなまんま自分で網戸あけて
出て行ってしまったんです。
そんな体力ないって思ってたのに・・・。
何度迎えてもペットの死は悲しいものですよね。
私も泣きながら猫たちを探したのを今ではっきり覚えています。
19年長いようで短いような月日ですね。
ご冥福をお祈りします。

投稿: ほくママ | 2008年9月 8日 (月) 06時25分

うちも実家で約16年ほど猫を飼っていました。

うちの場合は、自分が中学2年の頃にやってきて、自分の結婚式前日に親父の膝の上で静かに息を引き取りました。

ペットの死を体験したのはそれが初めてで、式の準備の為に嫁さんの実家を訪れていた私は、嫁や義母の目もはばからずに号泣していました。


サチコさんは最後までナユママさんご一家の温かい愛情に包まれていたのですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

どうかお疲れがでませんように。

投稿: hansuke | 2008年9月 8日 (月) 23時16分

taeちゃん
拾ってきちゃって幸せだったのかな~?って考えたんだけど
野良猫生活だったら19歳までは生きられないと思うから良かったのかな。。。
犬の子分がいた猫なんてそういないと思うのね。
今頃、ジョンに報告しているかも~。
優しいお姉ちゃんにも会えて報告しているといいな♪

投稿: ナユママ | 2008年9月 9日 (火) 00時21分

ポン母さん
核家族でしかも団地育ちの私には初めてちゃんと飼ったのがサチコさんでした。
猫って家につくって聞いたのに何度引越しても平気で…飼い主につく猫?って思っていたの。
だから最後にちゃんとお別れしてくれて良かったです。
亡くなる数日前から家族みんなの布団を転々として一緒に寝たりしていたので
サチコ的にも満足してくれているといいなと思います。
漢字で書くと幸子かな~?
考えてなかったの。。。
ウチにくる子はみんな人間と同じ名前が付けられてますね~って私が付けるからかも?!

投稿: ナユママ | 2008年9月 9日 (火) 00時28分

まなまなさん
大往生なのはわかっているんだけど…
20歳まで一緒にいられるかも?って思っていたの。。。
事故死は耐えられないかもしれない。
ある日突然いなくなるなんて悲しすぎる。。。

亡くなった日はもっと何かしたら良かったのかもしれないって思ったけど
今は頑張ってくれたサチコさんに感謝でいっぱいです。
長生きしてくれたので思い出もいっぱいです。


ワンズに置き換えるとそんなコト言えない!って断言できるので
サチコさんの分もナユハヤとの生活を大事にしていきたいと思います。。。

投稿: ナユママ | 2008年9月 9日 (火) 00時36分

ほくママさん
よく死期が迫ると猫はいなくなるって聞いていたんだけど
お歳なので完全に家猫生活だったからなのかな?
それとも最後の最後まで一緒にいたいって思ってくれたのか。。。
子供の時にはハムスターとかインコしか飼ったことがなかったので
サチコさんが来て嬉しくて悪戯さえも話のネタになる~♪と笑ったものです。
最後を看取って生き物を飼うと言う意味を改めて感じました。
ニャンコもワンコも一緒にいられる時間は短いですもんね。
いっぱい思い出を作らなきゃ!って思います。

投稿: ナユママ | 2008年9月 9日 (火) 00時43分

hansukeさん
hansukeさんも猫ちゃんを飼っていたんですね~。
猫ちゃんhansukeさんにお嫁さんが来るから安心して逝けたんですね。。。
先に逝ってしまうのはわかっていても、もうなの?って思います。

サチコさんまだウチにいてご飯はまだかニャーって言ってるような気がして
ついご飯台を見ちゃいます。
仕事から帰って、あーいないんだぁって実感しましたし。
これからはサチコさんがいない生活に慣れないとダメですね。。。

投稿: ナユママ | 2008年9月 9日 (火) 00時53分

ナユママが、仔猫のサチコさんを見つけてくれた時から、
ずっと一緒にいようって、サチコさんも思ってたんじゃないかな。
大好きな家族全員に、ありがとうって言えたんだと思う。
いつかは、お別れの時が来るんだなって考えると、
涙が出てきてしまう事があります。
でも、絶対、一人ぼっちでは逝かせたくないです。
ナユママがそばに居てくれて、
安心して眠ることが出来たと思いますよ。

心よりご冥福をお祈りいたします。

投稿: マリンママ | 2008年9月 9日 (火) 18時31分

ご無沙汰しています~m(__)m
サチコさん、虹の橋を渡ってしまったとの事
とても驚きました。
なんとなく、私の中では20歳過ぎても
元気いっぱいでいるサチコさんを想像していたので。
生前最後の写真を見るとお顔も綺麗だし、とても穏やかで
幸せそうです。19歳には見えません。
最後みんなと会えて、パパ&ママに見守られて旅立ったのは
きっとサチコさんにとっての「1番」だったのではないかと
思います。まだまだ悲しみが癒えないと思いますが
元気出してくださいm(__)m
サチコさんのご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: はむりん | 2008年9月 9日 (火) 20時29分

マリンママさん
ひとりぼっちは嫌ですよね。。。
私も同感です。
サチコさんも病院で…というのは嫌だったので
最後まで一緒にいられるようにと常に思っていました。
病気じゃないからこそ、家で看取れたんだと思います。
やっと落ち着いてきて、歳を考えても家族全員に
挨拶をしてから旅立って行ったのであっぱれ!って思うようにしています。

投稿: ナユママ | 2008年9月10日 (水) 10時54分

はむりんさん
こちらこそご無沙汰してしまってスミマセン。
誰が見ても19歳に見えないと言われていたので
まだまだそばにいてくれると思っていたのですが。。。
近年の夏が暑すぎ…もっと過ごしやすかったらとも思います。
やっと落ち着いてきましたが、仕事から帰るとつい探してしまいます。
そしてもういないんだ…と、ガッカリ。
こればかりは慣れるしかありませんね。。。
はむりんさんも光太郎くんが大変な時にありがとうございます。
光太郎君、応援しているから頑張ってね!
はむりんさんも頑張れ~!

投稿: ナユママ | 2008年9月10日 (水) 11時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« 朝寝。。。 | トップページ | 頂き物~♪ »